アンカーポイントに移動する アンカーポイント

台中観光トラベルサイト

アンカーポイント

追分駅

リリース日:2018/04/17 837

紹介

アンカーポイント
追分駅は日本統治時代に作られました。「追分」とは日本語で分岐を表し、台鉄海線の終点であるばかりか、彰化駅と台鉄山線の交差点でもあります。追分駅には、どこか懐かしい暖かな雰囲気があるため、ロケ地として何度も映画に登場しています。
追分駅は台鉄海線で改修されていない数少ない駅の一つです。駅舎は総ヒノキ造りで、構造は非常にしっかりしており、今も多くの部分に原木の色を残しています。そのため、台湾鉄路局による保護を経て、完全に保存された貴重な史跡駅となりました。
珍しいことに、追分駅には地下道も歩道橋もないため、プラットフォームで列車を待つ際には、係員の誘導に従い線路を渡りプラットフォームへ向かいます。
追分駅内で販売されている記念切符「追分-成功」には、中国語で「試験の成功を祈る」との意味があるため、試験の時期には、普段は静かな駅がにぎわいます。学生時代の思い出があるという人も多いでしょう。

インフォメーション

住所
台中市大肚区王田村追分街13号

アクセス方法

関連写真

Top